スズバチ(ドロバチ科)


体長 18~30mm 平地や低山地に生息し、ドロバチの仲間では最大です。 木の枝や石の表面などに泥でトックリ状の複数の巣をつくり、さらに全体を泥の壁で覆います。 チョウやガの幼虫を狩り、巣の中に詰め込んで産卵し、幼虫はこれを食べて成長します。 成虫は7月~9月に見られ、花にやってきます。 (写真)2017.8.19 加西市網引町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square