キボシトックリバチ(ドロバチ科)


体長 13~17mm

草の茎や木、石の上にトックリ型の泥の巣を数個まとめてつくり、その中に産卵した後にガの幼虫を狩って詰めます。

キアシトックリバチにとてもよく似ていますが、キボシトックリバチは小楯板という部分に黄色斑があること、触角の付け根付近(一節目)の前面が黄色いことで見分けることができます。 成虫は6月~9月に見られ、花にやってきます。 (写真)側面 2018.10.3 小野市黍田町

(写真)背面 2018.10.3 小野市黍田町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia