キボシトックリバチ(ドロバチ科)

September 5, 2018

体長 13~17mm

草の茎や木、石の上にトックリ型の泥の巣を数個まとめてつくり、その中に産卵した後にガの幼虫を狩って詰めます。

キアシトックリバチにとてもよく似ていますが、キボシトックリバチは小楯板という部分に黄色斑があること、触角の付け根付近(一節目)の前面が黄色いことで見分けることができます。
成虫は6月~9月に見られ、花にやってきます。
(写真)側面 2018.10.3 小野市黍田町

(写真)背面 2018.10.3 小野市黍田町

 

 

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 9, 2020

August 8, 2020

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia