エントツドロバチ(ドロバチ科)

September 5, 2018

体長 16~18mm
壁や木の幹のくぼみなどに煙突のような筒状の入り口を持つ巣をつくり、ガの幼虫を狩って幼虫のエサにします。
幼虫のふ化後も、継続してエサを与え続けます。
巣は、竹筒の中を利用することもあります。
日本では、メスだけが見つかっています。
成虫は、6月~9月に見られます。
(写真)2015.9.18 丹波市青垣町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 30, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 28, 2020

September 28, 2020

September 24, 2020

September 24, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia