コアシナガバチ(スズメバチ科)


体長 11~17mm 林に生息しますが市街地でも普通に見られる小型のアシナガバチで、木の枝、塀、家の軒下、石垣などいろんな場所に巣をつくります。 ガの幼虫などを捕まえて幼虫の餌にします。 また、花の蜜を吸うために花にやってきます。 成虫は、4月~11月に見られます。 (写真)2017.9.20 西脇市落方町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia