ベッコウクモバチ(クモバチ科)


体長 15~27mm 草原や人家周辺でよく見られます。 コガネグモ、イオウイロハシリグモなどのクモを狩り、麻痺させて生きたまま巣に運び、卵を産み付けてふ化する幼虫のエサにします。 自分で巣穴を掘らずに、石垣のすき間などを利用します。 成虫は、4月~10月に見られます。 (写真)メス 2015.7.25 小野市黍田町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square