カツオゾウムシ(ゾウムシ科)

August 21, 2018

体長 10~12mm

林縁や草地のタデ類の葉の上によく見られます。
赤褐色の粉におおわれ、カツオブシのように見えるところから名づけられました。
赤褐色の粉は、活動しているうちにとれてきます。
成虫はイタドリやミゾソバなどのタデ科の植物の葉を食べ、幼虫はこれらの茎の内部を食べます。
成虫は、4~10月に見られます。
(写真)2020.5.28 加古川市尾上町

(写真)2017.9.5 丹波市山南町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 10, 2020

July 6, 2020

July 5, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia