ウバタマコメツキ(コメツキムシ科)


体長 22~30mm マツの木の多い林で見られ、成虫はマツの立ち枯れや倒木に集まります。 幼虫は、マツの朽ち木中でほかの昆虫の幼虫やさなぎを食べて育ちます。 秋に羽化して成虫になりますがそのままマツの枯れ木の中で越冬し、春になると外に出てきます。 成虫は、4~8月に見られます。 (写真)2018.5.27 多可町八千代区

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia