ハクセンシオマネキ


エビ目 スナガニ科

甲幅 20mmほど。 河口の泥まじりのやや硬い砂浜の満潮線付近に巣穴を掘って、集団で生息します。 オスは右または左の片方のハサミが極端に大きく、夏の繁殖期(6~8月)には集団で大きなハサミを振って求愛のダンスをします。 これが白い扇子を振るように見えるところから、名づけられました。 加古川では、河口の中州にある干潟で見ることができます。 環境省レッドデータブック:絶滅危惧Ⅱ類 兵庫県レッドデータブック:Cランク (写真)2018.6.24 加古川市尾上町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia