キバナノマツバニンジン


キントラノオ目 アマ科 

北アメリカ原産の一年草で高さは15~50cmになり、荒れ地、草原、雑木林の中などいろんなところに生えています。

この写真の植物は、丘陵地の斜面から水がしみ出してできた小さな湿地の周辺に生えていました。

日本への侵入は明治時代末期に千葉県で見つかっており、本州の各地に帰化しているようです。

花は6月~8月に咲き、午後に開いて3時間ほどで閉じてしまうそうです。

長さ1~2.5cmの葉が茎に沿って立つように着き、遠くから見ると葉がないように見えます。

(写真)2021.7.31 加古川市平荘町小畑

(写真)花 2021.7.31 加古川市平荘町小畑



Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square