イチゴハムシ


コウチュウ目 ハムシ科 

体長 3.7~5.2mm 

幼虫・成虫ともタデ科のイヌタデ、ギシギシ、スイバ、ソバ、ミゾソバ、イタドリ、バラ科のオランダイチゴ(栽培種)などの葉を食べるので、これらの葉の上で見られます。

成虫は4月~11月に見られ、成虫で越冬します。

日本の北海道~南西諸島と、朝鮮半島、中国~ヨーロッパ、台湾に分布します。

ジュンサイハムシと大変よく似ていますが、胸部の毛のない平滑部分の形と、イチゴハムシは上翅の先端が丸いこと、上翅の側縁がほぼ平行であることで見分けることができます。

(写真)2021.6.1 神戸市西区伊川谷町潤和

(写真)2021.6.10 明石市上ノ丸3丁目


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square