クロスジフユエダシャク


チョウ目 シャクガ科  開張 オス22~30mm  晩秋から初冬に雑木林で普通に見られるガで、オスは昼間に雑木林の中をヒラヒラとよく飛んでいます。 メスは翅が退化して数mm程度の痕跡があるだけで、飛ぶことができません。 そのためメスは、フェロモンを出してオスを呼び寄せます。 成虫は、10月下旬~12月下旬に見られます。 幼虫は、ブナ科のコナラ、ミズナラ、クヌギ、アベマキ、カシワとムクロジ科のイロハモミジの葉を食べます。 日本の北海道~九州と、朝鮮半島、ロシア南東部に分布します。 (写真)オス 2020.11.26 三木市福井(三木山森林公園)

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia