ナガエコミカンソウ(ブラジルコミカンソウ)


キントラノオ目 コミカンソウ科 インド洋諸島原産の低木または一年草で、高さは0.5~1mになります。 南アメリカや台湾に帰化しており、日本への侵入は1992年に福岡県で見つかったのが最初で、現在は関東地方~九州に帰化しています。 コミカンソウやヒメミカンソウに似ていますが、花(果実)が5mmほどの長い柄の先に着くのが特徴です。 花は、夏~晩秋にだらだらと咲くようです。 (写真)2020.10.4 明石市上ノ丸3丁目

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square