ナガエコミカンソウ(ブラジルコミカンソウ)

October 4, 2020

キントラノオ目 コミカンソウ科
インド洋諸島原産の低木または一年草で、高さは0.5~1mになります。
南アメリカや台湾に帰化しており、日本への侵入は1992年に福岡県で見つかったのが最初で、現在は関東地方~九州に帰化しています。
コミカンソウやヒメミカンソウに似ていますが、花(果実)が5mmほどの長い柄の先に着くのが特徴です。
花は、夏~晩秋にだらだらと咲くようです。
(写真)2020.10.4 明石市上ノ丸3丁目

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

November 24, 2020

November 24, 2020

November 19, 2020

November 16, 2020

November 15, 2020

November 15, 2020

November 14, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia