ヒメミカンソウ


キントラノオ目 コミカンソウ科 畑地、田のあぜ、道端に生える一年草で、高さは10~30cmになります。 ミカンのような形をした小さな果実がなり、コミカンソウとよく似ています。 コミカンソウは花柄がほとんどなく、ガク片が5枚、果実の表面にイボ状の突起が密集しているのに対し、ヒメミカンソウは太くて短い花柄があり、ガク片は4枚、果実の表面はツルっとしていることで見分けることができます。 花は、8月~10月に咲きます。 日本の本州、四国、九州と、朝鮮半島、中国、台湾などに分布します。 (写真)2020.9.28 小野市来住町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia