オニヤンマ


トンボ目 オニヤンマ科  体長 オス90~103mm メス98~114mm  日本最大のトンボで、小川、渓流、湿地脇の細流のあるところに生息します。 日本の北海道~沖縄と、朝鮮半島、中国、サハリン、シベリアに分布します。 メスは、細流の水際ぎりぎりの浅い柔らかい泥や砂の中に腹の先を突き立てるようにして産卵します。 卵から産まれたヤゴは、3~4年かけて成長し成虫になります。 成虫は6月上旬~10月下旬に見られますが、特に7月~8月に多く見られます。 (写真)2020.8.8 加西市若井町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square