ベッコウハナアブ


ハエ目 ハナアブ科 

体長 15~18mm  雑木林の周辺や林内で見られる、マルハナバチのような大きなハナアブです。 幼虫はスズメバチ類の巣に寄生して、ハチの幼虫の餌の残りや、捨てられた幼虫・サナギなどを食べて育つといわれています。 成虫は、5月~8月に見られます。 日本の北海道~九州に分布します。 (写真)メス 2020.5.12 小野市小田町

(写真)オス 2021.4.27 三木市福井(三木山森林公園)


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square