モッコク

July 6, 2020

ツツジ目 モッコク科

常緑の高木で、暖地の海岸近くに生えます。
花は6月~7月に咲き、両性花をつける株と、雄花だけの株があります。
果実は、10月~11月に赤く熟します。
日本の本州(関東地方南部以西)、四国、九州、沖縄と、中国、台湾、東南アジアに分布します。
葉が美しく樹形が整うため庭木として庭園によく植えられ、江戸時代に江戸で重視された造園木である「江戸五木(モッコク、アカマツ、イトヒバ、カヤ、イヌマキ)」のひとつとして「庭木の王」と呼ばれています。
(写真)2020.7.5 明石市明石公園

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

October 18, 2020

October 18, 2020

October 14, 2020

October 13, 2020

October 10, 2020

September 30, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia