イヌツゲ

June 11, 2020

モチノキ目 モチノキ科 

高さ2~6mになる常緑の小高木で、山地の尾根、岩場、湿地の周辺などに生えます。
日本の本州、四国、九州と、朝鮮半島(南部)に分布します。
雌雄別株で、花は6月~7月に咲きます。
刈り込みに強いことから、庭木としてもよく植えられています。
ツゲ(ツゲ目ツゲ科)と葉の感じがよく似ていますが、ツゲは葉が対生につくのに対し、イヌツゲは互生につくことで見分けることができます。
ツゲの材が櫛(くし)、印材、そろばんの玉、将棋の駒、数珠などに使われるのに対し、イヌツゲの材は役に立たないということで、名前にイヌがつけられました。
(写真)2020.6.2 加西市網引町

(写真)雄花 2020.6.2 加西市網引町

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 24, 2020

September 24, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia