ヒゲナガハナノミ

May 28, 2020

コウチュウ目 ナガハナノミ科 

体長 9~10mm 
湿地周辺の草むらや林縁で見られます。
オスは触角がクシの歯状ですが、メスは鋸刃状でオスより黒っぽい色をしています。
幼虫は湿地や水田の泥の中に生息し、尾の先が長い突起になっており、ここを水面から出して呼吸をしています。
日本の本州、四国、九州に分布します。
成虫は、5月~7月に見られます。
(写真)2020.5.27 加東市上久米(やしろの森公園)

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

November 24, 2020

November 24, 2020

November 19, 2020

November 16, 2020

November 15, 2020

November 15, 2020

November 14, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia