ナミツチスガリ


ハチ目 フシダカバチ科 

体長 12~15mm  コハナバチ類を狩るので、花の上でよく見られます。 踏み固められたような草の少ない裸地の地中に集団で巣をつくり、獲物をまとめて狩って巣の坑道に運び込んだ後で幼虫の育房を複数つくっていくといわれています。 日本の北海道~九州に分布します。 成虫は、5月~9月に見られます。 (写真)2020.5.28 加古川市尾上町(加古川の土手)

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square