ノヂシャ


マツムシソウ目 スイカズラ科 

地中海の島部原産の越年草で、高さは10~30cmになり、道端、川の土手などに生えています。 日本へは明治時代の初期に入ってきたといわれていますが、江戸時代に長崎で栽培されていたともいわれています。 日本では、北海道~九州に帰化しています。 花は、4月~6月に咲きます。 ヨーロッパではハーブとして栽培され、秋から冬かけてサラダや肉料理の付け合わせとして食べられています。 (写真)2017.4.19 加古川市八幡町中西条(加古川河川敷)

(写真)花 2015.4.11 高砂市高砂町向島町(加古川の土手)

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square