アメリカイヌホオズキ

October 26, 2019

ナス目 ナス科 

北アメリカ原産の一年草で、高さは30~80cmになり、道端、荒地、河川敷などに生えています。
日本への侵入は1951年に兵庫県尼崎市で確認されたのが最初で、北海道~沖縄に帰化しています。
花は5月~12月に咲き、花弁の色は淡紫色~白色ですが、秋の後半になってくると濃い紫色の花が見られるようになります。
果実は始めは緑色ですが熟すと黒紫色になり、緑色のものと黒紫色のものが入り混じって着いていることもあります。
よく似たものに、史前帰化植物といわれるイヌホオズキと北アメリカ原産のテリミノイヌホオズキがあります。
テリミノイヌホオズキは果実に強い光沢があり、アメリカイヌホオズキもやや光沢がある(強い光沢のあるものもあります)のに対し、イヌホオズキは光沢がないという特徴があります。
また、果実を上から見たときのガクの形が、アメリカイヌホオズキはいびつな星形で果実に張り付くか軽く反り返っていますが、イヌホオズキとテリミノイヌホオズキは梅の花形をし果実に張り付かず反り返っています。
さらに、果実のつき方では、イヌホオズキとテリミノイヌホオズキは小果柄が交互にズレて出ますが、アメリカイヌホオズキは少しずれて出ますがほぼ一点から出ているように見え、ひとつだけ大きくずれた位置から出ることがあります。
一カ所に着く花(果実)の数は、アメリカイヌホオズキは少なく1~5個であるのに対し、イヌホオズキとテリミノイヌホオズキは3~12個と多いという違いもあります。
(写真)2017.10.1 多可町加美区

(写真)果実 2017.11.18 加西市網引町

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia