アレチケツメイ

October 14, 2019

マメ目 マメ科 

北アメリカ、西インド諸島原産の一年草で、河原や空き地に生え、高さは40~60cmになります。
日本へはいつの間にか気づかれずに侵入し2005年に岐阜県で見つかり、インターネットでは愛知県、静岡県、神奈川県、長野県、山梨県、兵庫県などの確認情報があります。
花は、8月~10月に咲きます。
在来種のカワラケツメイとよく似ていますが、カワラケツメイの下側の花弁は他の4枚よりやや大きい程度で、雄しべと雌しべの色が黄色であるのに対し、アレチケツメイは下側の花弁が他の4枚より2倍くらい大きく、雄しべと雌しべの色が赤いという違いがあります。
また、葉の付け根にある蜜腺が、カワラケツメイは半球状であるのに対し、アレチケツメイはキノコ状であるという違いがあります。
クサネムとも外見が似ていますが、茎には曲がった短毛が生え、果実が斜め上向きにつくのに対し、クサネムは茎に毛がなく、果実が下を向いてつくという違いがあります。
(写真)2019.8.23 三木市福井

(写真)花 2020.8.27 三木市福井

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia