ヒメカンアオイ


コショウ目 ウマノスズクサ科 

落葉広葉樹林の林内や林縁に生える常緑の多年草で、地面をはうように生えます。 日本の固有種で、本州(東海・中部地方以西)と四国に分布します。 兵庫県内では、中部~南部の瀬戸内海側(淡路島を除く)で見られます。 花は、12月~3月に咲きます。 花粉がどのようにして運ばれているのかよく分かっていませんが、カタツムリやナメクジが運んでいるという説と、ワラジムシやヤスデの仲間が運んでいるという説があります。 種子にはアリの好むエライオソームという物質が付いており、アリが種子を運んでいると考えられています。 (写真)2012.5.20 加古川市上荘町白沢

(写真)花 2016.3.26 加西市網引町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia