コアカソ

September 10, 2019

バラ目 イラクサ科 

日当たりのよい湿った谷沿いに多い落葉の半低木で、高さは1mほどになります。
日本の本州~九州と、朝鮮半島、中国に分布します。
茎の下部が木質化するので多くの図鑑で低木として扱われていますが、草本の図鑑に掲載されていることもあります。
草刈りがよく行われる場所に生えるものは茎が木質化していないので、草本のように見えます。
雌雄同株で雄花と雌花があり、花は8月~10月に咲きます。
有性生殖をする2倍体のものと、無性生殖の3倍体のものがあり、3倍体のものには通常は雄花がありません。
よく似たものに茎が木質化しないクサコアカソがありますが、クサコアカソの方が葉の幅がやや広く、葉の鋸歯の数がコアカソは10対以下であるのに対し、クサコアカソは10~20対であることで見分けることができます。
(写真)2016.9.11 丹波市山南町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 10, 2020

July 6, 2020

July 5, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia