オオセンチコガネ

August 31, 2019

甲虫目 センチコガネ科

体長 12.4~22mm 

森林内の鹿のフンや放牧場の牛フンなど動物のフンに集まりますが、林内や林縁を歩いているのもよく見かけます。
メスは動物のフンを地中に埋め込んで産卵し、幼虫はフンを食べて育ちます。
成虫は、4月~11月に見られます。
日本の北海道~九州と、朝鮮半島、中国に分布します。
センチコガネによく似ていますが、体の輝きがより強く、センチコガネが頭部の前縁が丸くて頭楯が短いのに対し、オオセンチコガネは頭部の頭楯が台形をしていることで見分けることができます。
体の色は地域によって金赤色、赤銅色、金緑色、藍色など変化に富んでおり、加古川流域では赤紫色のものが見られます。
(写真)2018.5.27 多可町八千代区

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 3, 2020

July 3, 2020

July 3, 2020

June 29, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia