ミソハギ

August 16, 2019

フトモモ目 ミソハギ科 

田のあぜ、農地周辺の湿地などに生える多年草で、高さは0.5~1mになります。
日本の北海道~九州と、朝鮮半島に分布します。
花は7月~8月に咲き、盆花としてよく使われます。
エゾミソハギとよく似ていますが、エゾミソハギは茎・葉・ガクに短毛があり、ガク片の付属体が直立するのに対し、ミソハギは無毛でガク片の付属体が開出することで見分けることができます。
名前の由来は、萩に似て禊ぎに使ったからという説と、萩に似て溝に生えるからという説があります。
(写真)2017.9.5 丹波市山南町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 30, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 28, 2020

September 28, 2020

September 24, 2020

September 24, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia