スベリヒユ

August 15, 2019

ナデシコ目 スベリヒユ科 

畑地や道端に生える一年草で、枝分かれして地面をはうように生えます。
日本全土と世界の熱帯~温帯に広く分布しますが、日本には古い時代に麦作に伴って渡来した史前帰化植物といわれています。
花は、7月~9月に咲きます。
食用として利用され、ゆでるとぬめりが出ることからスベリヒユと呼ばれるようになったということです。
山形県では「ひょう」と呼ばれ、ゆでてからし醤油で食べられています。
葉をつぶすと出てくるぬるぬるとした汁に即効性のあるかゆみ止め成分が含まれており、蚊に刺されたときに塗るとかゆみが止まるということです。
(写真)2019.8.12 加西市網引町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 9, 2020

August 8, 2020

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia