ビロウドコガネ(コガネムシ科)


体長 8.0~9.5mm 

林縁や草原で見られる小さなコガネムシです。 日中は草や木の葉の上、花の上で見られ、夜間は灯火にもやってきます。 日本の北海道~九州に分布します。 幼虫は、地中で植物の根を食べて育ちます。 成虫は、5月~10月に見られます。 よく似た種としてオオビロウドコガネ、ヒメビロウドコガネがいますが、前脛節の外歯の数がヒメビロウドコガネとオオビロウドコガネは2つであるのに対し、ビロウドコガネは3つあることで見分けることができます。 写真ではよくわかりませんが、実物によりビロウドコガネであることを確認しました。 (写真)2019.7.2 加西市佐谷町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia