ムカシヤンマ

June 20, 2019

トンボ目 ムカシヤンマ科 

体長 63~72mm 
樹林の多い丘陵地や山地で、斜面から水が滴るような環境の周辺で見られます。
日本固有種で、本州(東北地方以南)と九州に分布します。
幼虫は谷の崖などの水がしたたり落ちコケが一面に茂ったところに住み、コケの中にトンネルを掘って半水生の生活をします。
成虫になるのに約3年かかるといわれています。、
成虫は、4月~8月に見られます。
生息地や個体数が減少傾向にあり、多くの都府県でレッドデータブックの対象種となっています。
兵庫県レッドデータブック:Bランク
(写真)2019.6.20 丹波篠山市上筱見

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 3, 2020

July 3, 2020

July 3, 2020

June 29, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia