クロオビシロフタオ(ツバメガ科)

June 2, 2019

開張 15~20mm

後翅をたたんでTの字形に止まる蛾で、灯火に飛んできますが、葉の上にとまっているのもよく見かけます。
日本の北海道~九州と中国(東部)に分布します。
幼虫は、レンプクソウ科のガマズミ、オオカメノキの葉を食べます
成虫は、春と夏に発生します。
翅の白黒のまだら模様は、鳥の糞に似せて身を守っていると考えられています。
(写真)2019.5.30 三木市福井

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 10, 2020

July 6, 2020

July 5, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia