ウコンカギバ(カギバガ科)


開張 オス32~35mm メス43~45mm

平地から低山地に広く生息します。 日本の本州~九州と、朝鮮半島、中国に分布します。 幼虫は、ブナ科のコナラ、クヌギ、アベマキ、アカガシ、アラカシ、シラカシの葉を食べるといわれています。 成虫は、6月~10月に見られます。 幼虫がブナ科のスダジイの葉を食べるヒメウコンカギバが大変よく似ており、外見では確実な識別はできないといわれています。 ヒメウコンカギバは、これまで日本では南西諸島、屋久島、対馬に生息が知られていましたが、最近になって本州の和歌山県から愛知県にかけて見つかっており、兵庫県でも見つかる可能性はありますが、可能性は低いと考えてウコンカギバとしています。 (写真)2019.5.22 三木市福井

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia