ダンダラテントウ(テントウムシ科)

June 1, 2019

体長 3.7~6.7mm

ナミテントウより少し小型のテントウムシで、広葉樹林や都市公園などで見られます。
日本の本州~沖縄と、朝鮮半島、中国、台湾、東南アジア、アフガニスタン、南アメリカに分布します。
成虫、幼虫ともに、植物につくアブラムシを食べます。
光沢のある黒い体に赤い斑紋がありますが、斑紋は大きな変異があります。
南西諸島から南では赤と黒のダンダラ模様が多いのに対し、九州から北では赤色部が少ないものが多くなり、肩のところに一部赤い模様があるだけであとは真っ黒の個体もいます。
成虫は、4~10月に見られます。
(写真)2019.5.29 加古川市尾上町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 9, 2020

August 8, 2020

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia