セツブンソウ


キンポウゲ目 キンポウゲ科 

落葉広葉樹林内や林縁の斜面地に生える多年草で、高さは5~15cmになります。 日本固有種で、本州の関東地方以西に分布します。 兵庫県内では、丹波地域、西播磨地域、但馬地域(南部)に自生しています。 花は、早春の2月~3月に咲きます。 花は茎の先端に1個つき、白い5枚の花弁に見えるのはガク片で、その内側に先端が黄色い蜜腺になった小さな花弁が5~10枚あります。 春先に花を咲かせ、落葉広葉樹の葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、次の春までの間は地中の塊茎で過ごします。 兵庫県レッドデータブック:Cランク (写真)2020.2.3 丹波市青垣町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square