ミヤマキケマン

May 13, 2019

キンポウゲ目 ケシ科 

山地の林縁、谷川の礫地などに生える2年草で、高さは20~45cmになります。
日本の固有種フウロケマンの変種で、本州の近畿地方以東に分布します。(中国山地沿いにあるという情報もあります。)
フウロケマンは本州(中部地方以西)~九州に分布し、兵庫県内には両方とも生えていますが、普通に見られるのはミヤマキケマンの方です。
花は、4月~6月に咲きます。
兵庫県内には、よく似たものとしてミヤマキケマン、フウロケマン、キケマンが自生しています。
種子は細長いサヤの中に入っており、ミヤマキケマンとフウロケマンは種子が一列に並んで入っていますが、キケマンは二列に並んで入っています。
ミヤマキケマンは果実(種子の入ったサヤ)が数珠状にくびれるのに対し、フウロケマンはあまり数珠状にならないことで見分けることができます。
また、ミヤマキケマンはフウロケマンより葉の切れ込みが深く、全体に少し大きいことも特徴です。
数種類のアルカロイドを含む有毒植物です。
(写真)2019.4.16 多可町加美区

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 3, 2020

July 3, 2020

July 3, 2020

June 29, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia