ウシハコベ

April 30, 2019

ナデシコ目 ナデシコ科 

畑地、湿った草地、河川敷、道端などに生える多年草で、高さは20~50cmになります。
日本の北海道~沖縄とユーラシア大陸、北アフリカに広く分布していますが、日本には古い時代に渡来した史前帰化植物といわれています。
花は4月~11月に咲き、5枚の花弁が深く裂けて10枚あるように見えます。
雌しべの花柱は、コハコベやミドリハコベが3個であるのに対し5個あり、雄しべは10本あります。
茎の上部の葉は葉柄がなく茎を抱くように着き、葉脈が深く波打っているような感じで、容易に見分けることができます。
コハコベやミドリハコベよりも大きいことから、牛をつけてウシハコベと名づけられました。
(写真)2015.11.22 加東市野村

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia