ハルシャギク(ジャノメギク)


キク目 キク科 

北アメリカ原産の一年草で、高さは60~80cmになり、道端、空き地や河川敷に生えています。 日本には明治時代初期に園芸植物として渡来し、北海道~九州に野生化しています。 花は、6月~9月に咲きます。 名前のハルシャは波斯と書きペルシャのことで、外国から入ってきたということで名づけられたと思われます。 花が蛇の目模様をしているので、ジャノメギクとも呼ばれます。

生態系被害防止外来種リスト:その他の総合対策外来種 (写真)2016.7.31 加古川市尾上町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia