ブタクサ


キク目 キク科 

北アメリカ原産の一年草で、高さは0.3~1.5mになり、河川敷や畑地、空き地などに生えています。 日本への侵入は明治時代中期に関東地方で知られ、昭和時代に入って各地で見られるようになり、現在では北海道~沖縄と日本全国に広がっています。 花は7月~10月に咲く風媒花で、多量の花粉を風で飛ばすことから、オオブタクサと同様に夏~秋の花粉症の原因植物のひとつといわれています。 (写真)2015.8.2 三田市大川瀬

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square