キキョウソウ(ダンダンギキョウ)


キク目 キキョウ科 

北アメリカ原産の一年草で高さは30~80mになり、河原や畑地、芝生地に生えます。 観賞用に栽培されていたものが、1940年代に東京で野生化して帰化状態にあることが確認され、現在では本州(福島県・新潟県以南)~九州に帰化しています。 花は5月~7月に咲きますが、5月中旬の花が咲き始めるまでは閉鎖花となって自家受粉で種子をつくり、5月中旬以降の花が開くようになると、他の個体の花粉を受粉して種子をつくるようになります。 葉は茎を抱くように離れて段々につくので、ダンダンギキョウとも呼ばれます。 (写真)2017.6.3 三木市別所町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia