ナンバンギセル

March 7, 2019

シソ目 ハマウツボ科 

草原に生える一年草で、花茎の高さは15~20cmになります。
ススキなどのイネ科の植物に寄生し、葉緑素を持っていません。
地上に出るのは花だけで、茎は短くて地中にあり、葉も鱗片状の短いものが茎に着いているだけです。
日本の北海道~沖縄と、アジア東部~南部に広く分布します。
花は、7月~10月に咲きます。
万葉集には、「思い草」という名で登場しています。
南蛮渡来の煙管に似ているということで、ナンバンギセルと呼ばれています。
(写真)2018.10.18 三木市福井

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia