イガタツナミソウ(イガタツナミ)

March 6, 2019

シソ目 シソ科 

やや湿った林縁や湿地、用水路脇などに生える多年草で、高さは20~40cmになります。
日本の固有種で、北海道、本州(福島県以南)、四国に分布します。
花は、タツナミソウの仲間では遅くて5月~6月に咲きます。
節の間は葉よりも長くて間延びした感じがし、茎には開出した白毛(茎から真直ぐに生える毛)が多いのが特徴です。

葉の裏に腺点がないことで、タツナミソウと見分けることができます。
兵庫県内の自生地は播磨地域と神戸・阪神地域に限られており、あまり多くありません。
兵庫県レッドデータブック:Cランク
(写真)2017.5.27 加西市網引町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 9, 2020

August 8, 2020

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia