ハマエノコロ


イネ目 イネ科 

海岸の砂地や岩の割れ目に生える多年草で、高さは5~20cmになります。 エノコログサの海岸型の変種で、穂はエノコログサより太くて短く、毛がフサフサしています。 ただし、内陸に入るにつれて、次第にエノコログサの普通の型に移行していきます。 日本全国と朝鮮半島、中国南部、台湾の沿岸部に分布します。 加古川では、普通の型と海岸型との中間的なものが河口で見られます。 花は、8月~10月に咲きます。 (写真)2016.9.18 加古川市尾上町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia