チカラシバ

February 26, 2019

イネ目 イネ科 

川や池の土手、道端などの日当たりのよい草地に生える多年草で、高さは50~80cmになります。
日本の北海道(西南部)~沖縄と、朝鮮半島、中国、フィリピン、マレー半島、インドに分布します。
花は8月~11月に咲き、穂はビン洗いのブラシのような形をしています。
穂の毛は通常は黒紫色ですが、赤っぽいものや淡緑色のものもあります。
果実は針状の毛とともに抜け、動物の体や人の衣服にくっ付いて運ばれます。
土にしっかりと根を張り、引き抜くのにかなり力がいることから名づけられました。
(写真)2015.9.26 多可町加美区

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 6, 2020

July 5, 2020

July 3, 2020

July 3, 2020

July 3, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia