コマツカサススキ


イネ目 カヤツリグサ科 

貧栄養な池の縁や湿地に生える多年草で、高さは0.8~1.2mになります。 日本の固有種で、本州、四国、九州に分布します。 花は、8月~10月に咲きます。 マツカサススキとよく似ていますが、コマツカサススキの方が球状の花序が少なく、花序が分枝しないことで見分けることができます。 (写真)2017.8.19 加西市網引町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square