アゼナルコ

February 25, 2019

イネ目 カヤツリグサ科 

川岸や田の畔、日当たりのよい湿地に生える多年草で、高さは40~80cmになります。
日本の本州~沖縄と、朝鮮半島、中国、台湾、インド、ネパール、スリランカ、インドシナ半島に分布します。
花は5月~6月に咲き、細長い小穂をぶら下げるようにつけます。
垂れ下がる小穂を鳴子に見立てて名づけられました。
先端の小穂は先の方の半分が雌花で、根元側半分が雄花になっています。
それ以外の小穂は全て雌花です。
(写真)2016.5.7 小野市古川町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 24, 2020

September 24, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia