ヒメガマ

February 24, 2019

イネ目 ガマ科 

池や川の縁に生える多年草で、高さは1.5~2mになります。
日本全土と朝鮮半島、中国、ロシア、モンゴル、アジア、アフリカ、オーストラリア、南北アメリカに広く分布します。
雌雄同株で花は6月~8月に咲き、花粉は風で運ばれる風媒花です。
よく似たガマと違って、ソーセージのような形をした雌花穂の上に1.5~7cmの間を開けて雄花穂がつくのが特徴です。
また、葉の幅もヒメガマより少し狭く、1.5cmほどです。
雌花は熟すと綿くずのような毛を持つ種子がついて穂綿(ほわた)と呼ばれますが、風で運ばれて水面に落ちると水底に沈んで発芽します。
ガマと同様に雄花の花粉は「蒲黄(ほおう)」と呼ばれ、止血や擦り傷に効果があるといわれて使われてきました。
(写真)果実 2018.10.2 加東市上久米

(参考写真)花 2014.6.25 三田市大原

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 3, 2020

July 3, 2020

July 3, 2020

June 29, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia