ノビル

February 20, 2019

キジカクシ目 ヒガンバナ科

人里近くの畑地や川、池の土手に生える多年草で、花茎の高さは50~80cmになります。
日本の北海道~沖縄と、東アジアに広く分布します。
古い時代に作物と共に日本へ入ってきた史前帰化植物ではないかといわれています。
花は5月~6月に咲き、花序には小さな球根のような珠芽(ムカゴ)をつけます。
種子ができることはまれで、ムカゴや球根(鱗茎)の分球で増殖します。
球根は生で味噌をつけて食べるほか、軽くゆでて酢味噌で食べられます。
古事記や万葉集に蒜(ひる)としてでているのは、ノビルの可能性が高いといわれています。
(写真)2018.5.31 加古川市尾上町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 3, 2020

July 3, 2020

July 3, 2020

June 29, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia