ニワゼキショウ


キジカクシ目 アヤメ科

北アメリカ原産の短命な多年草または1年草で、高さは10~20cmになり、日当たりのよい芝生地や道端に生えます。 明治時代中頃に渡来し、日本各地に広く帰化しています。 花は5月~6月に咲き、受精すると1日でしぼみます。 花の色は白いものと赤紫のものがありますが、白いものが優性遺伝といわれています。 (写真)白花 2016.5.3 加古川市尾上町

(写真)赤紫花 2016.6.5 多可町加美区

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia