ヒルガオ

February 8, 2019

ナス目 ヒルガオ科

つる性の多年草で、日当たりのよい野原や道端に生えます。
日本の北海道、本州、四国、九州と朝鮮半島、中国に分布します。
花は6月~8月に咲き、朝顔(アサガオ)と同様に朝に開花しますが昼になってもしぼなないことから昼顔(ヒルガオ)と呼ばれます。
他の植物やフェンスなどに巻きついて生育し、ツルは右巻きです。
種ができることはまれで、地下茎で増えます。
冬は地上部が枯れ、地下茎で越冬します。
万葉集には、容花(かほばな)の名前で登場しています。
(写真)2016.7.31 加古川市尾上町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 30, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 28, 2020

September 28, 2020

September 24, 2020

September 24, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia