カエデドコロ


ヤマノイモ目 ヤマノイモ科

つる性の多年草で、山地の林縁に生えます。 日本の本州(中部地方以西)、四国、九州、沖縄と朝鮮半島、中国に分布します。 雌雄別株で、花は7月~8月に咲きます。 雄花も雌花も垂れ下がって咲きます。 葉は互生し、「むかご」は着けません。 根元近くの葉はカエデの葉のように手のひら状に裂けて、中央の裂片の先は尖りますが他の裂片の先は尖りません。 茎の上の方の葉はカエデのように裂けず、矢じり型になります。 キクバドコロ(モミジドコロ)と似ていますが、キクバドコロは全ての裂片の先が尖るので見分けることができます。 オニドコロと同様に、根茎が肥厚して横にはいます。 (写真)2017.9.5 丹波市山南町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia