センニンソウ


キンポウゲ目 キンポウゲ科

つる性の半低木で、林縁など日当たりのよいところに生えます。

葉柄で他の木や草に曲がりくねって絡みつきます。 北海道南部、本州、四国、九州、沖縄に分布します。 花は、8月~9月に咲きます。 白い花弁のように見えるのはガク片です。 花が終わると花柱が伸びて、白くて長い毛が密生します。 この果実の先に着いた長い花柱を仙人のヒゲまたは髪の毛に例えて、仙人草(センニンソウ)と名付けられました。 (写真)2017.8.31 小野市古川町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square